経営研究集会(仙台で開催)

宮城県中小企業家同友会『経営研究集会』
年に一度、宮城同友会全体で開催する大規模な「学びの場」です。500名以上の会員経営者・ゲスト経営者・行政・金融・教育・他団体の関係者が集まります。「全体会(基調講演)」を聴いたあと、複数のテーマ別分科会を設置し、自社の経営課題に合った分科会を選ぶことができます。

2018年度経営研究集会
2017年度経営研究集会
2016年度経営研究集会
2015年度経営研究集会
2014年度経営研究集会
2013年度経営研究集会
2012年度経営研究集会

経営指針を創る会の模様

経営研究集会2018

  • 「環境の激変が理念を磨く ~日本ジャバラが乗り越えた壁~」
  • 田中 信吾氏
  • 基調講演『激変する経営環境に対応する同友会が目指す黒字企業づくり』
  • 「強く」て「よい」会社をめざす
  • 日本ジャバラ株式会社 代表取締役  田中 信吾氏
  • 工作機械を保護する「工業用ジャバラ」の最大手メーカーである日本ジャバラ株式会社は日本で初めてジャバラの製作に着手し、各種防塵、防油用ジャバラの製造メーカーとして広く知られ、業界ではトップシェアを誇ります。
    田中氏は事業を承継後、まだ基盤が定まらない中で遭遇した阪神大震災では企業の存続を問われました。その後の金融危機、リーマンショック、進出先の中国の景気後退など次々訪れる厳しい外部環境の変化に対応する中で、経営者として磨かれ、理念が進化し、「地域に認められる会社」へと育ててきました。「社長は会社の業績で評価される。業績は社長の実行力に比例する。だから社長の一番の仕事は、自分で自分を教育し、かつ社員にも実践してもらうようにすること」と田中氏は語ります。
    企業の成長に応じ課題は変化し経営のステージによって打つべき戦略は異なります。地域を代表する会社に育て上げた「強く」て「よい」会社づくりの実践報告から自社の経営課題に沿って学びあいます。
  • ■受賞・商品等
    2013年 DICシステムが「超モノづくり部品大賞」で『機械部品賞』を受賞
    2013年 DICシステムが評価され「神戸発・優れた技術認定企業」として更新認定
    2014年 DICシステムが評価され「関西ものづくり新撰2014」に認定
    2015年 クリスタルバリア発売。従来の「バリアフレックス」にお客様ニーズを反映させ、美観の持続、プレート摩滅低減、摺動抵抗値・摺動音の低減などの付加価値を実現。
    2016年 クリスタルバリアを日本工作機械見本市(JIMTOF)の推奨製品として出品
  • 会 社 名:日本ジャバラ株式会社
    氏  名:田中 信吾
    役  職:代表取締役
    事業内容:各種機械用ジャバラの製造・販売
    設  立:1958年2月設立
    資 本 金:4,000万円
    売 上 高:30億円(グループ全体)
    社 員 数:国内125名・海外120名
    U R L:https://www.jyabara.co.jp//

2018経営研究集会開催概要

  • ■日時、場所  11月22日(木) パレスへいあん(仙台市青葉区本町1丁目2-2)
    全体会/13:00~14:40 ※受付は12:00から行います。  
    分散会/15:00~17:10
    懇親会/17:30~19:00
  • 経営研究集会-当日のタイムスケジュール

実行委員長挨拶  「激変の経営環境をチャンスに変えるとき!」~駆けあがる宮城の経営者へ~

  • 2018経営研究集会実行委員長 安藤 真史氏 株式会社ファミリーメイト 代表取締役
  • 安藤 真史氏
  • 今年度の宮城同友会は、7月の中同協定時総会設営や、新支部の誕生で設立以来の過去最高会勢を達成するなど、 記念すべきビッグイヤーとなっています。 また、行政との関わりや各業界団体等からの同友会に対する大きな期待が寄せられています。 その期待に応え、自社と地域の発展の為には何をすべきでしょう? 経営者として本来成すべき事を、本気で実践し尽くしていると言うには疑問が残ります。 「物が売れない」「人がいない」、分かっているつもりでも、まだまだ外部環境に責任を押し付けていないだろうか? 自社と地域のために、社員と家族のために「よい会社とは何か?」「地域から必要とされる会社とはどんな会社なのか?」 第二創業を成し得る覚悟で大いなる変革を目指し、明日からの実践に繋げる研究集会にしたいと思います。 「強くてよい会社」を目指し続ける田中氏の基調講演を受け、 その後のグループ討論で各社の課題を明確にし、解決の糸口を見つけていきましょう。今回の研究集会は中小企業経営者にとって、自社と自分を見つめ直し、 新たな一歩を踏み出す為の大きな機会となります。変革は大きなチャンスです。 愛する宮城のために、東北のために、そして日本のために私たちと共に明るい地域と未来を創っていきましょう! 是非、会社幹部の方や社員さんと一緒にご参加ください。会場でお待ちしております。

田中氏の報告内容を基に5つのテーマを設けました。

各グループの討論前にテーマに即した問題提起が行われ、それに沿ってグループ討論が展開されます。同一の組織から複数名で参加される方は、別のテーマでご参加されてみてはいかがでしょうか。 参加申込の際に、1つ選んでご記入ください。

① 経営者の責任

  • 「経営者の仕事とは、何をすることでしょう?その中で重要なことは何ですか?」

② 事業承継

  • 「来たる事業承継のために、あなたは何を準備しますか?」(渡す側、受ける側)

③ 採用と共育

  • 「働き手から選ばれる企業となるために、どんな組織を目指しますか?」

④ 社内コミュニケーション

  • 「社員がイキイキと働くために、どんなコミュニケーションが必要ですか?」

⑤ 新しい仕事づくり

  • 「自社の強みは何ですか?今後どのように仕事に生かしていきますか?」

活動内容』に戻る活動内容

▲ページの先頭へ

宮城県中小企業家同友会

  • 宮城県中小企業家同友会
  • 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡1-6-3 東口鳳月ビル 4F
  • TEL:022-355-2771  FAX:022-257-3220

宮城県中小企業家同友会ブログへのリンク

DOYUNETへのリンク

Copyright © miyagi.doyu 2012 All Rights Reserved.