支部案内青葉支部

県内で一番会員が多い青葉支部の取り組みを紹介

  • 青葉支部支部長 阿部明雄氏
  • 青葉支部 支部長 阿部 明雄氏
  • (株式会社ティーティーシー 代表取締役)
  • Q1入会のきっかけは
    社長になって3年経過し、経営に悩んでいた私に、知り合いであった佐元工務店の佐藤社長が「元気がないな?何か悩み事でもあるの?」と心配して声をかけて頂いたのがきっかけです。悶々としていた私は同友会を勧められて迷わずに入会しました。
Q2 入会して感動したことや驚いたことは?
入会直後は仙台市内の他支部の例会に結構顔を出していました。ある支部のグループ討論である女性社長から「あなたいつも会議の時自分一人で話してない?」又、別な例会では、「まさか理念を応接室にだけ飾ってるってことはないよね」と質問された事を記憶しています。
当時の私は何のことを言っているのかさえ理解できませんでしたが、質問の意味が判ったのはそれから2年後に受講した「経営指針を創る会」だったと思います。
Q3 青葉支部はどんな雰囲気の支部ですか?どんな特徴がありますか?
青葉支部は宮城同友会の中で最も古い歴史のある支部です。会勢も最も多く、小売業、飲食店、保険、IT関連等サービス業の比率が高い地域でもあります。
古くからのベテラン経営者から若手の経営者までが幅広く交流し活気ある活動をしている支部です。
Q4 2013 年度の青葉支部の重点方針は何ですか?
「質の高い例会づくりと共に、多くの会員さんとの学びと交流の場を作ろう」という方針です。
既に、他支部と協力した例会づくりや昼食会の開催、企業交流会といった活発な活動を始めています。
Q5 支部長としてどんなことを大切にしていますか?
年齢や規模、会歴の長短等、様々な価値観の会員が集う場で良いと思っています。 同友会の学びを通じて会社を良くしよう、青葉を活性化しようという思いを一つに頑張っていきたいと思っています。
Q6 支部長としてどんなことを大切にしていますか?
今年から夜の「例会」とは別に、日中であれば参加できる会員さんとの交流を目的として「昼食会」を始めました。
「例会」は少し真面目なテーマで学び合い、昼食会」は和やかな雰囲気の経営者同士のコミュニケーションの場です。「共に語り共に学びましょう。青葉支部の活動にぜひともご参加ください。」

支部案内』に戻る支部案内へ

▲ページの先頭へ

宮城県中小企業家同友会

  • 宮城県中小企業家同友会
  • 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡1-6-3 東口鳳月ビル 4F
  • TEL:022-355-2771  FAX:022-257-3220

宮城県中小企業家同友会ブログへのリンク

DOYUNETへのリンク