支部案内宮城野支部

決めたら必ずやる!ベテラン会員・若手会員、社員が一緒に学び合い、県下一元気な支部をめざし続ける

  • 宮城野支部支部長 青木正氏
  • 宮城野支部 支部長 青木 正氏
    (税理士法人青木&パートナーズ 代表社員)
  • Q1入会のきっかけは
    同業の税理士から「こんな会があるから」と軽い誘いで入会しました。当時は支部組織がなく、中央ブロックという名称でした。例会は飲み会中心でしたが、まとまりが強く宮城同友会の会勢を何とかして増やそうという意気込みがありました。その頃の仲間とは26年たった今でもつきあいがあります。
Q2 入会して感動したことや驚いたことは?
血気盛んな会員が周りに一杯いて、やることなすことが皆、刺激になりました。例会の時、ある会員に背後から声をかけられて思わずのけぞった。その位みんなの元気が溢れていましたね。物事を決めるスピードが速く、決めたら必ず実行する。険しくとも仲間と一緒に自分たちが切り開いていく、そんな会風でしたネ。
宮城野支部はどんな雰囲気の支部ですか?どんな特徴がありますか?
支部会員を牽引する役員が若い、ということが強みですね。新しい企画を立て、それに向かって一丸となって力を結集していける強い支部です。学びの場として「100%会員参加例会」。仲間づくりの場として「大昼食会・お茶のみ訪問・ビアパーティ・ボーリング大会・忘年会」などの様々な企画。若い会員が一工夫して場の雰囲気を盛り上げます。そして、地域に元気を発信した「会員間の交流会」や、一昨年の「みやぎの交流市」・昨年の「伊達な交流市」は社員も巻き込んで取り組むことができました。
Q4 2013年度の宮城野支部の重点方針は何ですか?
スローガンは「語ろう夢・つなごう仲間・地域に示せ我らの元気を」です。これに基づき、学べて成長できて自己実現できる支部を目指し3ヶ年計画を立てました。
「語ろう夢」は例会や大昼食会等で自社の経営体験を存分に語り、そして自社の夢を描いていく。「つなごう仲間」は、支部内の会員を一日も早く165名超体制にする。そして、地域に中小企業家の元気を発信していく。こんな思いを込めたスローガンです。「語ろう夢」を担当する「例会委員会」。「学びは自主的に、ふれあいは楽しくそして全員主役」をテーマにする「ソリューション委員会」。組織活性化委員会とお茶のみ委員会を合併した「まちづくり委員会」。これらの委員会活動を通して、社員も気軽に参加でき会員の顔が見える支部つくりを進め、今年12月には165名達成大祝賀会を企画しました。
Q5 支部長としてどんなことを大切にしていますか?
支部長になってもうすぐ10年。わが支部は「県下一元気な経営者集団となって、地域に元気を発信していきましょう」を念頭に、他の支部のお手本を目指し、様々な企画を提案し実行してきました。まあ、支部理事の方々は大変だと思いますが。今後も率先して支部活性化のために汗を流していきます。リーダーシップ発揮力は低下していますが……。
Q6 支部会員の皆さんへのメッセージをお願いします
よく「会社経営と同友会は車の両輪です」と言われますよね。同友会は自分たちの会なのですから、自主的に例会や他の行事に積極的に参加し、同友会で学んだことを是非会社内に持ち込んで実践してほしいと思います。報告を聞いて「ただ良かった」だけでは学んだことにはなりません。そのために「学べる・楽しい・役に立つ」様々な企画を立てておりますので。

支部案内』に戻る支部案内へ

▲ページの先頭へ

宮城県中小企業家同友会

  • 宮城県中小企業家同友会
  • 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡1-6-3 東口鳳月ビル 4F
  • TEL:022-355-2771  FAX:022-257-3220

宮城県中小企業家同友会ブログへのリンク

DOYUNETへのリンク