会員の声

経営者としての自覚と覚悟そして責任を持つ

  • 森 俊久さん
  • 岩沼亘理支部 森 俊久氏 (有)森久設備 代表取締役
自己紹介
当社は昭和55年に設立、今年7月より35年目を迎える社員15名の会社です。業種は主に地元の工務店やハウスメーカーの新築戸建て住宅の給排水衛生設備工事ですが、地元岩沼市の給水本管埋設工事や、店舗改修に伴う施工なども行っております。事業エリアとしては、地元岩沼市を中心に県南地域としています。
同友会に入るきっかけ
9年前に岩沼亘理支部が発足する時、小中学校時代の同級生でもあり青年会議所の仲間でもあった現岩沼亘理支部長からの誘いがあり、入会しました。
入会当時の会社は、売上はあれどもなかなか利益が出ない体質にありました。私はそのとき専務という立場でしたが、会社に利益が出ない現状なのは社長(父親)が悪いのだと言っていました。そうして人のせいにして、きちんとして理念も方針も計画も立てないままで経営していました。そんないい加減な経営を見直し、社員の生活や幸せを真剣に考える会社にしたいと思うきっかけとなりました。
同友会での学び?よい点は?
例会に参加して先輩経営者の報告から自社の課題に気づき、報告後に行われるグループ討論からさまざまな課題解決のヒントを見出すことができました。経営者の方々の熱い想いを聞き、いろいろなことで落ち込んでいても、また明日からがんばろうというパワーをもらえました。
また、私に足りなかったこととして、自分の会社だけではなく、地域を良くするという考え方を学び、実践することの大切さを真剣に考えるようになりました。
同友会に入り、自社の経営は、どう変わった?
東日本大震災後に代表を引き継ぐとほぼ同時に、第22期「経営指針を創る会」を受講しました。そこから自社の経営が大きく変わったと認識しています。「創る会」で経営者としての覚悟、社員は最も信頼おけるパートナーと位置づけることに気づかせていただいことが一番大きいです。それまでは、ちょっとしたことに右往左往する私でしたが、今は起こった事実は客観的に捉え、どうしたら解決・改善できるのかと考えて行動するようにしています。また、社員の採用も今までは中途採用が常でしたが、「創る会」を受講中に新卒採用を計画しました。現在は新卒採用の若いスタッフ2名が当社でがんばっております。
まだ、入会されていない人へ、おすすめの一言。
もし友人や知人、取引先の会社の経営者から声をかけられたら、チャンスだと思って例会や同友会行事に参加してみてください。経営者は孤独ですが、ここには同じ悩みを持ち、チャレンジしている仲間がたくさんいます。一緒に学び合いましょう。

会員の声』に戻る会員の声

▲ページの先頭へ

宮城県中小企業家同友会

  • 宮城県中小企業家同友会
  • 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡1-6-3 東口鳳月ビル 4F
  • TEL:022-355-2771  FAX:022-257-3220

宮城県中小企業家同友会ブログへのリンク

DOYUNETへのリンク